アウトソーシングでの依頼の流れを簡単に紹介

query_builder 2022/11/08
コラム
10

アウトソーシングの依頼はどのような流れで進むのでしょうか。
導入するなら流れを把握しておきたいものですよね。
本記事ではアウトソーシングでの依頼の流れについて簡単に紹介します。

▼アウトソーシングでの依頼の流れ
定型業務やスポット業務をアウトソースすれば業務の効率化につながります。
一般的なアウトソーシングでの依頼の流れは以下の通りです。

①ヒアリングの実施
②業務フローの見直しや改善の提案
③契約
④業務移管
⑤運用開始

まずヒアリングで作業の内容や課題などを取りまとめ、業務フローの見直しや改善の提案が行われるでしょう。
契約後は業務移管をして運用が開始されます。

■アウトソーシング後は見直しが必要
業務のアウトソーシング後は、定期的に作業状況が報告されます。
さらに業務の効率化を進めるために、報告をもとに、必要に応じて見直しや改善をするのが大切です。
定例会などで積極的な情報共有を行い、改善のヒントにつなげましょう。

▼まとめ
アウトソーシングを依頼すると、ヒアリングのうえで業務フローの見直しや改善の提案が行われるのが一般的です。
契約を提携し業務を移管した後も任せきりにせず、定期的な情報共有により業務の最適化を図りましょう。
大阪に拠点を置く「株式会社ネオロジスティクス」では、お悩みに応じた物流アウトソーシングを行っております。
物流センター運営からWMS導入支援などまで幅広く対応しておりますので、アウトソーシングなら弊社までお声がけください。


下記に関連記事もございますのでぜひご覧ください。

アウトソーシングによるメリットとは?

物流でアウトソーシングできる範囲とは?

スポット作業をアウトソーシングするメリットとデメリット

NEW

  • 関西物流展2024:たくさんのご来場ありがとうございました!

    query_builder 2024/04/19
  • 展示会出展:【第5回 関西物流展】 ネオロジスティクスも出展いたします!

    query_builder 2024/03/14
  • 事業案内:2024年8月稼働予定!・グループで約6,200坪の新センターを開設!

    query_builder 2023/12/01
  • WMS(倉庫管理システム)とは?在庫管理などの機能や物流現場の導入メリットについて

    query_builder 2023/06/13
  • 人財育成&採用支援セミナー:協賛

    query_builder 2023/05/11

CATEGORY

ARCHIVE