ロケーション管理の種類を解説!

query_builder 2022/11/24
コラム
21

「ロケーション管理の導入を検討中なので、どんな種類があるのか知りたい」というかたはいませんか?
適切に在庫を管理するための方法であるロケーション管理。
今回はロケーション管理の種類について解説していきますので、参考にしてみてください。

▼ロケーション管理は3種類
ロケーション管理には次の3種類があります。

・固定ロケーション
・フリーロケーション
・ダブルトランザクション

■固定ロケーション
商品ごとに置き場所を決めて管理する方法です。
入出庫作業を単純化でき、どこに何があるのかを把握しやすいのが特徴です。
ただし商品の置き場所が決まっているので、空いたスペースに他の商品を置けないデメリットがあります。

■フリーロケーション
商品を保管する場所を固定せず、空いている場所から商品を入れていく方法です。
空きスペースを有効活用できます。
ただし、どこに商品を置いたのかが分かりにくくなったり、動線が複雑化しがちです。

■ダブルトランザクション
固定ロケーションとフリーロケーションを組み合わせた方法です。
柔軟に在庫管理ができるので、作業の効率化が可能です。
ただし保管とピッキングをそれぞれ別のエリアで行なうので、ピッキングエリアへの補充作業を定期的に行なう必要があります。
ダブルトランザクションは、出庫の頻度が高い場所での利用に適しています。

▼まとめ
ロケーション管理には「固定ロケーション」「フリーロケーション」「ダブルトランザクション」の3種類がありますよ。
大阪にある株式会社ネオロジスティクスでは、物流アウトソーシングを承っております。
「在庫管理を誰かに代行して欲しい」「在庫管理をIT化したい」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。


下記に関連記事もございますのでぜひご覧ください。

ロケーション管理とは?どんなメリットがある?

NEW

  • 関西物流展2024:たくさんのご来場ありがとうございました!

    query_builder 2024/04/19
  • 展示会出展:【第5回 関西物流展】 ネオロジスティクスも出展いたします!

    query_builder 2024/03/14
  • 事業案内:2024年8月稼働予定!・グループで約6,200坪の新センターを開設!

    query_builder 2023/12/01
  • WMS(倉庫管理システム)とは?在庫管理などの機能や物流現場の導入メリットについて

    query_builder 2023/06/13
  • 人財育成&採用支援セミナー:協賛

    query_builder 2023/05/11

CATEGORY

ARCHIVE