出荷作業(出庫作業)を改善するには?

query_builder 2022/10/04
コラム
31

出荷作業(出庫作業)は複数の部署に渡って行なわれることが多いので、適切に管理することが必要です。
そこで今回の記事では、出荷作業を改善する方法について解説していきます。

▼出荷作業は適切な管理が必要
受注した商品を顧客へと届けるための出荷作業。
商品の販売を中心とする企業では、非常に重要な作業です。
しかし適切に管理しなければ、出荷作業がスムーズに行なわれません。
人的ミスが多かったり入出庫データをリアルタイムで反映できなかったりすると、信用や売上の低下につながります。

▼出荷作業を改善する方法
出荷作業は以下の方法で改善できます。

■現状を把握する
まずは現状を把握することが大切です。
セクションごとに作業手順や作業にかかる時間、作業人数などをデータ化します。

■業務を標準化する
「特定の人しかできない業務がある」ということにならないように、業務の標準化を行ないましょう。
これなら作業品質にムラが出ません。

■倉庫内を整理する
倉庫内の整理ができていなければ、業務の効率化は難しいでしょう。
商品がある場所や、使用する機器の置き場所を明確にしておくことが大切です。

▼まとめ
今回ご紹介した以外にも、出荷作業を改善できる方法はさまざまあります。
株式会社ネオロジスティクスでは、大阪で物流アウトソーシングや物流改善を承っております。
物流センターの管理や作業代行などを行なえますので、業務の効率化を図りたい企業様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


下記に関連記事もございますのでぜひご覧ください。


物流業務を効率化する方法について

物流の保管効率を上げる方法について

入荷作業を効率化するための方法とは



NEW

  • 事業案内:新年のご挨拶

    query_builder 2023/01/05
  • 事業案内:年末年始休業のお知らせ

    query_builder 2022/12/28
  • メディア:「茂木健一郎 超域オンリーワン関西」に弊社代表・中本が出演致します!

    query_builder 2022/10/04
  • 人事採用:「バイトル」にて求人掲載中!

    query_builder 2022/09/22
  • メルマガ配信停止フォーム

    query_builder 2018/04/01

CATEGORY

ARCHIVE