倉庫レイアウトを最適化するには?

query_builder 2022/11/28
コラム
32

「倉庫内業務を改善して、作業効率の改善を図りたい」という企業様は多いです。
そこでこの記事では、倉庫レイアウトを最適化(改善)する方法をご紹介していきます。

▼倉庫レイアウトを最適化するメリット
倉庫レイアウトを最適化すると、以下のようなメリットが得られます。

・作業効率の改善
・棚卸の精度向上
・人的ミスや事故の予防

今ある倉庫を最大限に活用できるようになるでしょう。

▼倉庫レイアウトを最適化する方法
倉庫レイアウトは、次の方法で最適化できます。

■無駄な動きがないか見直す
「動線が重複している部分はないか」といったように、無駄な動きがないかを見直すことが大切です。
無駄な動きがある部分を改善できれば、作業時間を短縮できます。

■デッドスペースを減らす
在庫で倉庫が一杯になり通路も圧迫してしまっているような場合は、什器を買い替えて新たにスペースを作れないか、といったことも検討する必要があります。

■出庫頻度によってグループ分けを行なう
倉庫内の移動はピッキングの時に多く発生します。
商品を出庫頻度ごとにグループ分けを行ない、「より多くアクセスする商品を出入口付近に集中させる」といった対策をとることにより作業効率がアップします。

▼まとめ
倉庫レイアウトを最適化すると作業効率の改善など、さまざまメリットが得られます。
「無駄な動きがないか見直す」「デッドスペースを減らす」「出庫頻度によってグループ分けを行なう」といったことを試してみましょう。
株式会社ネオロジスティクスは、大阪で物流アウトソーシングや物流改善を承っております。
倉庫レイアウト改善のお手伝いもできますので、ぜひお気軽にご相談ください。


下記に関連記事もございますのでぜひご覧ください。

自社物流で起こりがちな悩みは?物流アウトソーシングとの違いは?

POS検品とはどんな検品方法か?

コンテナ輸送の流れを分かりやすく解説

業務フロー見直しのポイントは?

物流業界が抱える課題について

物流遅延の原因とは?

在庫管理でABC分析を行うメリット

物流倉庫と物流センターの違いについて

NEW

  • 事業案内:2024年8月稼働予定!・グループで約6,200坪の新センターを開設!

    query_builder 2023/12/01
  • WMS(倉庫管理システム)とは?在庫管理などの機能や物流現場の導入メリットについて

    query_builder 2023/06/13
  • 人財育成&採用支援セミナー:協賛

    query_builder 2023/05/11
  • 関西物流展2023:ご来場ありがとう御座いました!

    query_builder 2023/05/01
  • 展示会出展:【第4回 関西物流展】 ネオロジスティクスも出展いたします!

    query_builder 2023/04/10

CATEGORY

ARCHIVE