物流システムの種類と導入するメリットについて

query_builder 2022/10/21
コラム
48

物流システムは、業務の効率化を実現するためのシステムです。
しかし、どのシステムを導入すればいいのか、また導入することでどのようなメリットが得られるのかわからないという方もいるでしょう。
そこで今回は、物流システムの種類と導入するメリットについて解説します。

▼物流システムの種類
■在庫管理システム
人の手で大量の商品を管理するのは困難で、数え間違いによるミスのリスクが高まります。
そこで必要なのが、在庫管理システムです。
システムで一括管理すれば正確な在庫数を把握でき、従業員の負担軽減につながります。

■配送管理システム
配送管理システムでは、配送ドライバーと配送情報を共有したり、帳票の作成や日報の管理を行います。
これらは現在もアナログな方法で行っている企業が多くありますが、システムを導入することでトラブルのリスクを減らすことができます。

■生産管理システム
商品の原価や工程・納期・在庫などを管理するシステムが、生産管理システムです。
これらをきちんと管理することで、生産性の向上や納期スケジュールの短縮などが期待できます。

▼物流システムを導入するメリット
■作業工程を一括管理できる
物流業務にはさまざまなフローが存在し、全てを人の手で管理するのは困難です。
物流システムを導入することで、全ての作業工程をリアルタイムで管理することができます。

■データ分析しやすい
物流システムでは、さまざまなデータを確認することができます。
データを分析して問題点を改善することで、生産性や品質の向上につながります。

▼まとめ
物流システムには、在庫管理システム・配送管理システム・生産管理システムの3種類があります。
物流システムを導入することで作業工程を一括管理でき、データ分析しやすくなります。
弊社では物流システムの構築・選定・導入・運用までを支援しておりますので、気軽にご相談ください。


下記に関連記事もございますのでぜひご覧ください。

物流DXとは?

NEW

  • 事業案内:2024年8月稼働予定!・グループで約6,200坪の新センターを開設!

    query_builder 2023/12/01
  • WMS(倉庫管理システム)とは?在庫管理などの機能や物流現場の導入メリットについて

    query_builder 2023/06/13
  • 人財育成&採用支援セミナー:協賛

    query_builder 2023/05/11
  • 関西物流展2023:ご来場ありがとう御座いました!

    query_builder 2023/05/01
  • 展示会出展:【第4回 関西物流展】 ネオロジスティクスも出展いたします!

    query_builder 2023/04/10

CATEGORY

ARCHIVE