アウトソーシング

3PLという考え方を軸にしたサービスをお届け

アウトソーシングとは

お客様の本業発展の為にロジスティクスを通じて競争優位な環境をご提供する

物流センター運営

継続的な管理/作業/配送

入荷から保管・加工含めた作業と、出庫から配送まで、物流センターにて必要な業務を全てお任せください。単なる作業代行ではなく定期的なレポーティングを通して管理・運営・改善までワンストップで提供いたします。

スポット作業

短期的な管理/作業/配送

物流センター丸ごとまでとはいかずとも、部分的・一時的など、お客様の環境や状況、要望に合わせて必要な業務も担います。作業人員はいるけどマネジメントが。。保管スペースだけ確保したいんだけど。。まずはこの作業だけからお付き合いを始めたい。。などお待ちしております。

通関/ドレージ

輸出入業務/コンテナ輸送

海外との取引を新たに始めたい。通関業務だけでも頼めるところはないだろうか。などお困りのことがありましたらお任せください。取引の際に必要なドレージ(コンテナ輸送)までも必要に応じて対応させて頂きます。

IT活用

情報システム導入活用支援

WMS含め物流業務において改善・効率化のために必要なシステムの導入をお手伝いいたします。最新・高価なものだけが対象ではありません。それぞれの現場にあったシステム選びから導入、またそれを活用に至るまでの支援を提供いたします。

~「アウトソーシング」のイメージ~

一般的に「アウトソーシング」と聞くと「外部委託」として左記の様な懸念をお持ちになられることもしばしばではないでしょうか?

ご心配、ご不安になられることはたくさんあるかと思います。


弊社が位置づける「アウトソーシング」は一般的な「外部委託」とは異なります。

お困りになられている段階に合わせて必要に応じた「物流部門代行」として担うことを前提としております。

~ネオロジスティクスのアウトソーシングとは~

単なる「作業代行」ではなく物流「部門代行」として荷主企業の同組織、一員として二人三脚で発展に貢献いたします。


また、全てをお任せ頂くことだけが我々が担うアウトソーシングでは御座いません。


「一時的、一部分的」な物流業務を「継続的、スポット的」にでも、各社様がお困りになられている事があればネオロジスティクスとしての「付加価値」をのせて協力をさせて頂きます。


~ネオロジスティクスが行う3PL~

「倉庫管理・運営」は弊社が行う3PL事業としてのほんの一部分です。


各社のお悩みやお困りごとに物流の専門家として「ワンストップ」で包括的な物流部門としての役割を果たすことが可能です。


物流の専門業者として多様なご要望にお応えする術を持っておりますので大小関係なくご相談ください。

物流センター運営移行の流れ
  • 1.倉庫の移設

    従来の倉庫管理・運営をいきなり翌日からすべてを変えることは大変なことです。 そのため、まずはそっくりそのまま御社の倉庫機能を移管します。 必要に応じて当時のスタッフも一定期間はお手伝いを頂くこともお願いしております。
  • 2.業務フローの見直しから改善へ

    新しい場所での倉庫の稼働が安定した頃に、作業効率やレイアウト、在庫量などを見直し、より効率的なフローを考案します。
    もちろん、その際の過程や工程は荷主企業様とも話し合いの上で共同にて改善を施します。
    大々的な変更ではなく、小さな改善を重ねることで段階的に改善を行うことで、大きなコストの負担もかからず現場を変えることも可能となります。
  • 3.IT活用

    レイアウトや作業フローの見直しが一定の成果を出した後にコストを必要とする、システムや機材の導入の検討に入ります。
    最新の機械を活用することがすべての解決策ではありません。それぞれの現場に合わせた最適な機材・システムの導入を検討することが大切です。
    既存システムの小さな改善から、新しいシステムの開発、新しい機材の導入など「IT化」「システム化」を図り、よりシンプルかつ明確な物流事業へと変革させます。
  • 4.継続的な改善

    皆様の事業が常に新しく商品の改善を行っていくことと同様に、物流業務においても日々の改善を必要とされています。
    季節要因にかかわる入出荷量の変化や新商品の導入、取り扱う商品数の拡充、適正在庫の見直しなどなど...
    ある一定の完成度を持った物流業務においても小さな変化、改善を継続して行っています。